1日(金)  七夕飾り付け(朱鷺メッセ・ぞう組)

5日(火) ジャンボスイミング(ぞう、ぱんだ組)

6日(水)  ジャンボスイミング(ぞう、ぱんだ組)

7日(木)  七夕楽しみ会:笹飾りを持ちかえります

13日(水) ジャンボスイミング(ぞう、ぱんだ組)

14日(木) ジャンボスイミング(ぞう、ぱんだ組)

18日(月) 海の日:祝休日

20日(水) 巡回歯科指導

22日(金) お誕生会:7月生まれの園児を皆で祝います

29日(金) 納涼お楽しみ会:ぞう組参加

 今年もはや半ば、七夕を迎えます

 この6月ですが実にいろいろなことがありました。世界的には英国のEU残留・離脱問題が大きな話題でした。日本的には数多い事件の中で、北海道の山林で一時行方不明となり自衛隊宿舎で6日ぶりに無事に発見された小学校2年生の田野岡大和君のこと、お金の使い方で東京都知事の座を追われることになった舛添要一氏のことなどが、話題を集めた多くの出来事の中で子育て中のみなさんにとっても、大きな関心事だったかと思います。

 大和君の件では、当初の父親の証言が二転三転したこともあって、著名な児童評論家などが『躾(しつけ)』と称する日本的なこども対応の在り方の最悪の見本だ、などと父親の対応に情け容赦ない疑問や言葉を投げかけたりといろいろな意見が百出した。父親の予想に反してこどもの発見が遅れ、初めは山菜取りの最中にはぐれたとの証言が、その後、実は大和くんのいたずらに対するお仕置きと躾の意味で、自動車に乗せずに現場に置き去りにしたとの発言に変ると、虐待ではないかと、中には犯罪的意図に基づく行為ではないかなどと周囲の厳しく空気は変わった。実際の子育てとは評論家の先生方の言いたい放題のようにきれいごとなご意見のように"うまく"片づけられることばかりではありません。

 大和君の場合、無事に生還できたからよかったものの事態が長引けば最悪な結末が予想されるだけに、日程的に最悪事態が次第に強く人々の念頭に浮かぶ頃合いに無事生還の知らせに、日本中がホットしたのではないだろうか。このまま未発見の状況が続くならば評論家の『しつけ論議』の行方がどんな方向に進行したものかと想像するにきわめて興味深い。

 幸いにも大和君や大和君一家の親子関係は評論家先生方の推測に反して明るく健康的だっただけにホットさせられた。また大和君自身が自分の行為に対して父親の取った今回の置き去り処置に対しては彼なりに理解し納得していたようだ。

 大和君事件とは舞台も性質も大きく変わりますが金銭問題で東京都知事の座を降りることになった舛添要一氏のこと。彼自身の行為にたいする弁解主張は終始法律に違反しないから問題ないとの姿勢。東大出身でその後も素晴らしい経歴と実績の持ち主。でも彼の姿勢や論調を聞いているうちに、この方の親の躾はいったいどうだったのだろうかと気になってきました。ご自分が優秀なため、他者の言などはおかしくって耳にはいらなかったのでしょうね。

 30年以上前の話になりますが、保育史調査のため来園された筑波大学研究生の方から教わったのがこの「チクサク・エール」でした。そのエールを幕開けに今年の運動会は、6月18日(土)、日和山小学校室内体育館で予定通り開催いたしました。

 全園児の入場行進・園児代表宣誓・赤沢保育園スペシャルエールに続いて各種競争・紅白球入れ・園児保護者の綱引き等など、最後は恒例の3歳以上園児全員のそして保護者職員による紅白リレー競走、無事にケガや事故もなく楽しく終了することが出来ました。 毎年劇的にレースが盛り上がる紅白リレー、目立って速い走者が勢い余ってカーブで転倒したりと今年も何度か大きな見せ場で歓声が盛り上がりました。遅れを取り返そうと泣き顔で必死に走る子、あきらめ顔でマイペースで頑張る子とそれぞれです。

 運動会では普段見慣れているいつものわが子とは別の一面が発見できるかもしれません。日頃、親の前や家庭では見せたことのない外での顔がみられるのもこんな機会です。

平成28年7月号

このページの最初に戻る

保育目標

 子どもたち一人ひとりが、それぞれの年令相応に当たり前のことを理解し・守り・出来るようになることを、何よりも大切な基本的な事柄と考えて、保育にあたっております。

正しい言葉の指導
正しい言葉の指導
 子どもたちが正しい日本語を楽しく正確に覚えていくように、成長に合わせて積極的に指導します。
上手な挨拶
上手な挨拶
 小さいうちから上手な挨拶が出来るように、日常保育の中で繰り返し習慣づけることで、自然と挨拶が出来るようになります。
はだし保育
はだし保育
 足の裏を適度に刺激することにより、身体の健康や頭脳の発達に良い影響を与えます。

このページの最初に戻る

赤沢保育園とは

日本最初の保育園

 赤沢保育園は明治23年(1890年)に赤沢鍾美(あつとみ)が日本で初めて、幼児達を預かり保育を始めた歴史のある保育園です。長い歴史の中での経験を活かしながら、通常保育に加え、教育学習にも重点を置いており、特色ある保育方針で保育にあたっております。

漢字かるた
 漢字を使ったかるたを採用かるた大会にも参加
英語遊び
 外国人指導者による、本物英語による英語遊び
体操遊び
 カワイ体育教室指導員による体育運動遊び
  • 園について詳しく
  • 園に問合せる
  • 所在地・交通案内

園長だより

平成28年6月号
平成28年5月号
平成28年4月号
平成28年3月号
平成28年2月号
平成28年1月号
平成27年12月号
平成27年11月号
平成27年10月号
平成27年9月号
平成27年8月号
平成27年7月号
平成27年6月号
平成27年5月号
平成27年4月号
平成27年3月号
平成27年2月号
平成27年1月号
平成26年12月号
平成26年11月号
平成26年10月号
平成26年09月号
平成26年08月号
平成26年07月号
平成26年06月号
平成26年05月号
平成26年04月号
平成26年03月号
平成26年02月号
平成26年01月号
平成25年12月号
平成25年11月号
平成25年10月号
平成25年9月号
平成25年8月号
平成25年7月号
平成25年6月号
平成25年5月号
平成25年4月号
平成25年3月号
平成25年2月号
平成25年1月号
平成24年12月号
平成24年11月号
平成24年10月号
平成24年9月号
平成24年8月号
平成24年7月号
平成24年6月号
平成24年5月号
平成24年4月号
 ■ 平成24年3月
 ■ 平成24年2月
 ■ 平成24年1月
 ■ 平成23年12月
 ■ 平成23年11月
 ■ 平成23年10月
 ■ 平成23年9月
 ■ 平成23年8月
 ■ 平成23年7月
 ■ 平成23年6月
 ■ 平成23年5月
 ■ 平成23年4月
 ■ 平成23年3月
 ■ 平成23年2月
 ■ 平成23年1月
 ■ 平成22年12月
 ■ 平成22年11月
 ■ 平成22年10月
 ■ 平成22年9月
 ■ 平成22年8月
 ■ 平成22年5・6月
 ■ 平成22年1月
 ■ 平成21年4月

赤沢保育園

〒951-8028新潟県新潟市中央区東湊町通1-2547
TEL:025-222-5542 
FAX:025-228-5668