• ・園生活に必要なルールを守り、クラスの友達と仲よく遊ぶ
  • ・身近な自然に親しみ、身体を十分に動かして戸外遊びを楽しむ
  • ・正しい食事マナーを身につけ楽しく食事をする

今月の行事予定

3日(火) 憲法記念日(祝休日)

4日(水) みどりの日(祝休日)

5日(木) こどもの日(祝休日)

6日(金) 体育遊び:ぞう、ぱんだ組

10日(火) 英語で遊ぼう:ぱんだ組

12日(木) 避難訓練:火災想定(全園児参加)

17日(火) 英語で遊ぼう:ぱんだ組

19日(木) 内科検診(全園児)9:30~

20日(金) 春の遠足:園児(2,3,4,5歳児)職員参加(詳細は後日手紙配布)

24日(火) 英語で遊ぼう:ぞう組

25日(水) 体育遊び:ぞう、ぱんだ組*体位測定:5月の身長、体重を計測

26日(木) お誕生会:5月生まれの園児を皆で祝います

30日(月) 園だより、献立表配布

31日(火) 英語で遊ぼう:ぱんだ組

朝ごはんのはなし

 この「ワンオペ」という言葉を知ったのは確か 1~2 年ほど前、某 SNS の知 人の投稿からでした。「 週末は主人が仕事でワンオペ なので実家に行きま す。」というような 内容の文章だったでしょうか?「 ワンオペって何なに?」と疑 問に思いつつも彼女の文章を読みすすめ、それが「一人で育児をする」という 意味だと気づくのにそう時間はかかりませんでした。「そんな言葉が今は流行っ ているのか~。」と、ふと自分が育児をしていた 30 年ほど前を思い出していました。「当時の私にとって育児のワンオペは当たり前だったなぁ。時代は良い意 味で変わったのだなぁ。」

 某 SNS の彼女のように頼れる実家も近くになかったため、いざという時の 頼みの綱はご近所の同じ年の頃の子どもがいる、いわゆる「 ママ友」たちでし た。ごはんのおかずを 分担して作ったり、ママチャリに子どもたちを乗せて買い 物や遊びによく出掛けたりしたものでした。当時は大変でしたが、毎日がとて も楽しく、私は子育てと専業主婦業を謳歌していたのでした。しかし、そんな 楽しい時間も長くは続かなかったのです。あまりにも 楽しそうにしている私に嫉 妬したかどうかは定かではないのですが、旦那がある日突然仕事から帰ってき て「お前も働け。保育園申し込んできたからな。」と 言うではないですか。「はぁ?保育園申し込んだってどういう意味?私仕事してないのに。」「だからこれから仕事探して来いよ。」「はぁ?」・・・。そんなやり 取りを経て、私は泣く泣く 近所のスーパーのパートに出ることになりました。

そんなことは何も知らずに遊ぶ子どもたちを横目に、私は泣きながらミシンを 踏んで保育園のお布団カバーやら通園バッグなどを準備したことを今でもはっ きりと覚えています。

それから5年間、旦那は一度たりとも保育園の送り迎えをしてくれることはありませんでした。何度かお願いしたことはありましたが、そのたびごとに「それは 俺の仕事ではない。」の一点張りでした。

 今更ここで恨み節を言いたいわけではないのですが、 当時を振り返って思うのは、おそらく旦那も彼なりに育児を手伝ってくれていたのです。実際に子ど もたちを連れて出掛けたり、面倒を見てくれたりもしました。ただしやってくれることの範囲と家事育児の分担の境界線は私の望むものとは大きくかけ離れて いただけで、ワンオペだと思っていたのはおそらく私だけだったと思うのです。

 今の保育園で子どもたちの送り迎えをしているパパたちの姿を見ると「私ももっと上手に旦那に育児に参加してもらうべきだった。」と、 当時の未熟だった 自分を残念に思うのです。お迎えに来てくれたパパに喜んで駆け寄る子ども の姿。なんとも微笑ましい光景です。彼は一度もそれを体験することなく、子どもたちはあっという間に成長してしまいました。

 子どもが小さいうちは「 早く大きくなあれ」と思うものですが、 過ぎてしまうと本当にあっという間です。ですから、どうかみなさまも貴重な子育て体験を逃すことなく、十分に楽しんでもらえればと思います。

 ちなみにワンオペはワンオペレーションの略で、ワンオペレーションは和製英語だそうです。

職員紹介のコーナー 

 今月は赤沢保育園の美味しい給食 を作ってくれている黒井さんです。

好きなこと:食べること、ゲーム 最近、健康のために散歩を始めました。近所でも知らない場所や景色など新しい発見があり、はまっています。

勤め始めの頃、給食の献立に「豚肉と大豆の揚げ煮」が出て、子どもの 頃一番好きだったなぁ、と懐かしくなったのを覚えています。 ここでその「豚肉と大豆の揚げ煮」のレシピをご紹介したいと思います。

令和4年5月号

このページの最初に戻る

保育目標

 子どもたち一人ひとりが、それぞれの年令相応に当たり前のことを理解し・守り・出来るようになることを、何よりも大切な基本的な事柄と考えて、保育にあたっております。

正しい言葉の指導
正しい言葉の指導
 子どもたちが正しい日本語を楽しく正確に覚えていくように、成長に合わせて積極的に指導します。
上手な挨拶
上手な挨拶
 小さいうちから上手な挨拶が出来るように、日常保育の中で繰り返し習慣づけることで、自然と挨拶が出来るようになります。
はだし保育
はだし保育
 足の裏を適度に刺激することにより、身体の健康や頭脳の発達に良い影響を与えます。

このページの最初に戻る

赤沢保育園とは

日本最初の保育園

 赤沢保育園は明治23年(1890年)に赤沢鍾美(あつとみ)が日本で初めて、幼児達を預かり保育を始めた歴史のある保育園です。長い歴史の中での経験を活かしながら、通常保育に加え、教育学習にも重点を置いており、特色ある保育方針で保育にあたっております。

漢字かるた
 漢字を使ったかるたを採用かるた大会にも参加
英語遊び
 外国人指導者による、本物英語による英語遊び
体操遊び
 カワイ体育教室指導員による体育運動遊び
  • 園について詳しく
  • 園に問合せる
  • 所在地・交通案内
  • 情報公開
  • 職員紹介のコーナー

園長だより

令和4年4月号
令和4年3月号
令和4年2月号
令和4年1月号
令和3年12月号
令和3年11月号
令和3年10月号
令和3年9月号
令和3年8月号
令和3年7月号
令和3年6月号
令和3年5月号
令和3年5月号
令和3年4月号
令和3年3月号
令和3年2月号
令和3年1月号
令和2年12月号
令和2年11月号
令和2年10月号
令和2年9月号
令和2年8月号
令和2年7月号
令和2年6月号
令和2年5月号
令和2年4月号
令和2年3月号
令和2年2月号
令和2年1月号
令和元年12月号
令和元年11月号
令和元年10月号
令和元年9月号
令和元年8月号
令和元年7月号
令和元年6月号
令和元年5月号
平成31年4月号
平成31年3月号
平成31年2月号
平成31年1月号
平成30年12月号
平成30年11月号
平成30年10月号
平成30年9月号
平成30年8月号
平成30年7月号
平成30年6月号
平成30年5月号
平成30年4月号
平成30年3月号
平成30年2月号
平成30年1月号
平成29年12月号
平成29年11月号
平成29年10月号
平成29年9月号
平成29年8月号
平成29年7月号
平成29年6月号
平成29年5月号
平成29年4月号
平成29年3月号
平成29年2月号
平成29年1月号
平成28年12月号
平成28年11月号
平成28年10月号
平成28年9月号
平成28年8月号
平成28年7月号
平成28年6月号
平成28年5月号
平成28年4月号
平成28年3月号
平成28年2月号
平成28年1月号
平成27年12月号
平成27年11月号
平成27年10月号
平成27年9月号
平成27年8月号
平成27年7月号
平成27年6月号
平成27年5月号
平成27年4月号
平成27年3月号
平成27年2月号
平成27年1月号
平成26年12月号
平成26年11月号
平成26年10月号
平成26年09月号
平成26年08月号
平成26年07月号
平成26年06月号
平成26年05月号
平成26年04月号
平成26年03月号
平成26年02月号
平成26年01月号
平成25年12月号
平成25年11月号
平成25年10月号
平成25年9月号
平成25年8月号
平成25年7月号
平成25年6月号
平成25年5月号
平成25年4月号
 ■ 平成25年3月
 ■ 平成25年2月
 ■ 平成25年1月
 ■ 平成24年12月
 ■ 平成24年11月
 ■ 平成24年10月
 ■ 平成24年9月
 ■ 平成24年8月
 ■ 平成24年7月
 ■ 平成24年6月
 ■ 平成24年5月
 ■ 平成24年4月
 ■ 平成24年3月
 ■ 平成24年2月
 ■ 平成24年1月
 ■ 平成23年12月
 ■ 平成23年11月
 ■ 平成23年10月
 ■ 平成23年9月
 ■ 平成23年8月
 ■ 平成23年7月
 ■ 平成23年6月
 ■ 平成23年5月
 ■ 平成23年4月
 ■ 平成23年3月
 ■ 平成23年2月
 ■ 平成23年1月
 ■ 平成22年12月
 ■ 平成22年11月
 ■ 平成22年10月
 ■ 平成22年9月
 ■ 平成22年8月
 ■ 平成22年5・6月
 ■ 平成22年1月
 ■ 平成21年4月

赤沢保育園

〒951-8028新潟県新潟市中央区東湊町通1-2547
TEL:025-222-5542 
FAX:025-228-5668