• ・お正月遊びや室内の遊びを通してルールを知り、友達と遊びを楽しむ。
  • ・降雪や氷結の気候現象に関心を持ったり、雪遊びをして楽しむ。
  • ・かるた遊びを通して決まりを守り、文字や言葉に興味を持つ。

今月の行事予定

1日(土)   令和4年元日 (西暦2022年)壬寅(みずのえとら)(祝休日)

4日(火) 英語で遊ぼう:ぞう組

7日(金) 体育遊び:ぞう、ぱんだ組

10日(月) 成人の日(祝休日)

11日(火) 英語で遊ぼう:ぱんだ組 

13日(木) 避難訓練:火災想定(全園児参加)

18日(火) 英語で遊ぼう:ぞう組 *体位測定:1月の身長、体重を計測します

19日(水) 園内かるた大会(3歳以上児参加)

20日(木) 誕生会:1月生まれの園児を皆で祝います

25日(火) 英語で遊ぼう:ぱんだ組 

28日(金) 体育遊び:ぞう、ぱんだ組

28日(金) 園だより、献立表配布

子どもの幸せを願って その3

 『子どもの良いところを伸ばす』と聞いてみなさんはどんなことを頭に思い浮かべるでしょうか。子どもの資質や才能を見出すことはたやすいことと思えないのは私だけでしょうか。なぜなら『良い』と感じるのは私自身の価値観で、またそれはその時々の状況に流され、変化したりもするからです。仮に子どもの良いところを見つけてあげたとしても、それを伸ばしてあげるために維持し続けることは容易ではないように思えるのです。

 今回は、たとえ周囲から何と言われようとも、我が子の一番の理解者、協力者となって信念を曲げずに子育てをした結果、子どもの良いところを十分に伸ばして大きく実を結んだ例をご紹介したいと思います。

 その男の子が2~3歳の頃は近所の公園に連れて行くと、砂場で黙々と泥だんごを作り続け、夕方になっても「砂場のふち全部に泥だんごを置くまで帰らない」という頑固さに、母は気長に付き合ってあげていたそうです。幼稚園の頃はひたすらトラックの絵を描き、小学校へ上がると今度はトラックの絵に妖怪の絵が加わり、そしてある日を境にタコの絵ばかりを描き続けるようになったそうです。

 小学校へは教科書の代わりに魚の図鑑をランドセルに入れ、放課後になると近所の魚屋や図書館に通い、明けても暮れてもタコに心酔する息子に母は毎日のようにタコのお刺身、タコの煮つけ、タコの酢の物を晩御飯に作ってあげたそうです。

 そればかりか週末には息子を水族館へ連れて行き、閉館時間までずっとタコの水槽の前から離れない息子に「タコって面白いんだね、お母さんもどんどんタコが好きになってきたよ。」と言って、タコに夢中な息子に付き合ってあげたのだそうです。

 少年の興味はその後タコから魚全般へと領域を広げていきます。学校帰りには往復2時間もかけて大きな魚屋まで足しげく通い、いつしか見よう見まねで魚をさばくことまで出来るようになります。母は魚を買うときは必ず一匹まるごと買い、料理の前に息子に魚の絵を描かせるのでした。

 そんなお魚ばかりの生活をしていたら当然のことながら学校の成績は下がるいっぽうです。「授業中に魚の絵を描いてばかりで授業にまったく集中していません。おうちでも学校の勉強をきちんとやるように指導してください。」という先生に、「あの子は魚が好きで、絵を描くことが大好きなんです。だからこのままでいいんです。成績が優秀な子がいればそうでない子もいて、だからいいんじゃないですか。みんなが一緒だったら先生、ロボットになっちゃいますよ。」と、お母さん。私が仮にこの子のお母さんだったら先生の言葉に動揺し、「お魚だけに没頭することが良いこと」とは決して思えなくなり、どうにかして勉強させる方法を考えたと思います。

 「お魚が好きならとことんやりなさい。」というお母さんの一貫した姿勢に支えられ、少年は自分の中から湧き出てくるお魚への情熱を一度も我慢することなく大人へと成長し、後に「さかなクン」の愛称でテレビの人気者となり、遂には子どものころの夢だった東京海洋大学の先生になったのです。

 子どもの幸せってこういう事なんだな、と彼の自伝『一魚一会』(いちぎょいちえ:講談社)を読んでそう感じました。おそらく小中学生向けに書かれた本だと思いますが、子育てをする親の目線で読んでみてもとても面白いと思いますので、この年末年始に家族みんなで読んでみてはいかがでしょうか。

職員紹介のコーナー 

 今月はぞう組担任の大津留明峰(おおつるあかね)先生です。

 好きなこと:ドライブ、洋裁、物づくり、スキー、山菜採り、キャンプ

 今の夢:我が子を抱くこと、コロナで行けていない新婚旅行に行くこと シンガポールのマリーナベイ・サンズに泊まって、屋上のプールに入ること

 小さい頃から幼い子の面倒を見るのが好きでした。 中一の時に生まれたいとこの赤ちゃんの愛らしさに心奪われ、保育職を志しました。子どもたちの笑顔が大好きです。一人ひとりその子らしく、安心して楽しく園生活を送れるよう関われたらと思っております。

令和4年1月号

このページの最初に戻る

保育目標

 子どもたち一人ひとりが、それぞれの年令相応に当たり前のことを理解し・守り・出来るようになることを、何よりも大切な基本的な事柄と考えて、保育にあたっております。

正しい言葉の指導
正しい言葉の指導
 子どもたちが正しい日本語を楽しく正確に覚えていくように、成長に合わせて積極的に指導します。
上手な挨拶
上手な挨拶
 小さいうちから上手な挨拶が出来るように、日常保育の中で繰り返し習慣づけることで、自然と挨拶が出来るようになります。
はだし保育
はだし保育
 足の裏を適度に刺激することにより、身体の健康や頭脳の発達に良い影響を与えます。

このページの最初に戻る

赤沢保育園とは

日本最初の保育園

 赤沢保育園は明治23年(1890年)に赤沢鍾美(あつとみ)が日本で初めて、幼児達を預かり保育を始めた歴史のある保育園です。長い歴史の中での経験を活かしながら、通常保育に加え、教育学習にも重点を置いており、特色ある保育方針で保育にあたっております。

漢字かるた
 漢字を使ったかるたを採用かるた大会にも参加
英語遊び
 外国人指導者による、本物英語による英語遊び
体操遊び
 カワイ体育教室指導員による体育運動遊び
  • 園について詳しく
  • 園に問合せる
  • 所在地・交通案内
  • 情報公開
  • 職員紹介のコーナー

園長だより

令和4年8月号
令和4年7月号
令和4年6月号
令和4年5月号
令和4年4月号
令和4年3月号
令和4年2月号
令和4年1月号
令和3年12月号
令和3年11月号
令和3年10月号
令和3年9月号
令和3年8月号
令和3年7月号
令和3年6月号
令和3年5月号
令和3年5月号
令和3年4月号
令和3年3月号
令和3年2月号
令和3年1月号
令和2年12月号
令和2年11月号
令和2年10月号
令和2年9月号
令和2年8月号
令和2年7月号
令和2年6月号
令和2年5月号
令和2年4月号
令和2年3月号
令和2年2月号
令和2年1月号
令和元年12月号
令和元年11月号
令和元年10月号
令和元年9月号
令和元年8月号
令和元年7月号
令和元年6月号
令和元年5月号
平成31年4月号
平成31年3月号
平成31年2月号
平成31年1月号
平成30年12月号
平成30年11月号
平成30年10月号
平成30年9月号
平成30年8月号
平成30年7月号
平成30年6月号
平成30年5月号
平成30年4月号
平成30年3月号
平成30年2月号
平成30年1月号
平成29年12月号
平成29年11月号
平成29年10月号
平成29年9月号
平成29年8月号
平成29年7月号
平成29年6月号
平成29年5月号
平成29年4月号
平成29年3月号
平成29年2月号
平成29年1月号
平成28年12月号
平成28年11月号
平成28年10月号
平成28年9月号
平成28年8月号
平成28年7月号
平成28年6月号
平成28年5月号
平成28年4月号
平成28年3月号
平成28年2月号
平成28年1月号
平成27年12月号
平成27年11月号
平成27年10月号
平成27年9月号
平成27年8月号
平成27年7月号
平成27年6月号
平成27年5月号
平成27年4月号
平成27年3月号
平成27年2月号
平成27年1月号
平成26年12月号
平成26年11月号
平成26年10月号
平成26年09月号
平成26年08月号
平成26年07月号
平成26年06月号
平成26年05月号
平成26年04月号
平成26年03月号
平成26年02月号
平成26年01月号
平成25年12月号
平成25年11月号
平成25年10月号
平成25年9月号
平成25年8月号
平成25年7月号
平成25年6月号
平成25年5月号
平成25年4月号
 ■ 平成25年3月
 ■ 平成25年2月
 ■ 平成25年1月
 ■ 平成24年12月
 ■ 平成24年11月
 ■ 平成24年10月
 ■ 平成24年9月
 ■ 平成24年8月
 ■ 平成24年7月
 ■ 平成24年6月
 ■ 平成24年5月
 ■ 平成24年4月
 ■ 平成24年3月
 ■ 平成24年2月
 ■ 平成24年1月
 ■ 平成23年12月
 ■ 平成23年11月
 ■ 平成23年10月
 ■ 平成23年9月
 ■ 平成23年8月
 ■ 平成23年7月
 ■ 平成23年6月
 ■ 平成23年5月
 ■ 平成23年4月
 ■ 平成23年3月
 ■ 平成23年2月
 ■ 平成23年1月
 ■ 平成22年12月
 ■ 平成22年11月
 ■ 平成22年10月
 ■ 平成22年9月
 ■ 平成22年8月
 ■ 平成22年5・6月
 ■ 平成22年1月
 ■ 平成21年4月

赤沢保育園

〒951-8028新潟県新潟市中央区東湊町通1-2547
TEL:025-222-5542 
FAX:025-228-5668