現在のページ :  HOME >  保育園概要

保育園概要

赤沢保育園

 赤沢保育園は明治23年に赤沢鍾美(あつとみ)が日本で初めて、幼児達を預かり保育を始めた歴史のある保育園です。

 心も身体も劇的に変化成長し、成人の基礎が出来上がる時期が保育園の期間。赤沢保育園は、身体の健康造りに次いで、見えにくい心の基礎造りに重点を置いた保育を心がけています。

名称 赤沢保育園
経営主体 社会福祉法人
守孤扶独幼稚児保護会(しゅこふどくようちじほごかい)
所在地 〒951-8028 新潟県新潟市中央区東湊町通1-2547
電話/FAX 025-222-5542 / 025-228-5668
設立・認可 明治23年設立 ・ 昭和23年1月1日(児童福祉法施設として)認可
園長 赤沢美治
保育士 12名 ※1
調理員 2名 ※1
非常勤職員 4名(保育補助、園内事務、その他) ※1
施設 軽量鉄骨モルタル2階建て
特別保育内容 延長保育、緊急一時預かり、一時預かり(拠点園)、障害児保育
クラス分 ひよこ組(0,1,2歳児)
うさぎ組(3歳児)
ぱんだ組(4歳児)
ぞう組(5歳児)
りす組(1~5歳児)一時保育

※1 平成25年4月1日現在
入園については「入園案内」をご覧下さい。

このページの最初に戻る

赤沢保育園の歩み(創立から現在まで)

明治23年(1890)6月1日 創立者赤沢鍾美(あつとみ)、現中央区礎町4町目に小中学校過程を教える新潟静修学校を創立、同時に幼稚児保護事業も開始する。
明治26年 教室校舎を本町通り7番町通称八間小路に移転。
明治36年 東湊町通1-2948番地に教室園舎を新築移転。
明治40年ころ 教室園舎完成を機に保育部門を「守孤扶独幼稚児保護会」と命名、幼児保育に本格的に取り組む姿勢を固める。
大正8年7月 東湊町1の87戸が焼失する大火発生、「赤沢」も被災全焼する。
大正8年12月 50m程東より1番地違いの2547番の現在地に新築移転。
大正11年 当時の宮内省(現宮内庁)より保育事業奨励の思召しによりご下賜金を賜る。以後毎年第二次大戦終結時まで頂戴する。
昭和12年3月 創立者赤沢鍾美死去。静修学校廃止。
昭和20年(1945)8月 第二次世界大戦終結。当時園児数は数名にまで減少。
昭和23年1月 保育所制度発足にともない保育所認可を受ける。
昭和31年1月 社会福祉法人資格取得。
昭和32年5月 当時の岸内閣厚生大臣神田博氏、視察来園。
昭和41年9月 鉄骨モルタル2階建て現園舎完成。
昭和41年10 鈴木善幸厚生大臣(岸内閣)視察のためご来園。
平成2年(1990)9月 創立100周年記念行事を実施。
平成4年6月 一時保育事業を新潟県第一号実施園として開始。
平成4年8月 カナダ人女性の協力で「英語遊び」の時間を開始。
平成4年12月 石井式漢字教育を2~3歳児に取り入れる。
平成5年12月 宮内庁より保育事業奨励の思召しにより金一封を賜る。
平成10年8月 台湾・日本交流教育の研究発表会に幼児教育部門日本代表として参加、石井式教育成果を台湾基隆市会場で発表する。
平成12年5月 創立110周年を祝う会を実施。
平成13年1月 石井式漢字かるた第一回新潟県大会主催参加。
平成22年6月 創立120周年。

このページの最初に戻る

守孤扶独幼稚児保護会・そのコンセプト:

 まず読み方ですが、それぞれの漢字の一般的な読み方にしたがってお読み下さい。守はしゅ、孤はこ、扶はふ、独はどく、幼稚児はようちじ、保護会はそのままです。「しゅこふどくようちじほごかい」となります。

 そしてその意図するコンセプトは、守孤は保育環境に恵まれない孤独環境にある子どもを守り、扶独は事情により両親が力を合わせることが出来ない独り親を扶(たす)け、そのような状況の幼児の保護を目的とする会と解してください。

このページの最初に戻る

赤沢保育園園歌歌詞 赤沢保育園園歌楽譜

このページの最初に戻る

所在地 〒951-8028 新潟県新潟市中央区東湊町通1-2547
最寄のバス停 新潟交通 入船町線
湊町通一の町(赤沢保育園入口) バス停より 徒歩約2分

このページの最初に戻る

お問い合わせ

赤沢保育園へのご意見・ご要望・お問い合わせは下記までご連絡下さい。

電 話 025-222-5542

このページの最初に戻る

保育園概要

沿革

由来

赤沢保育園園歌

交通案内

お問い合わせ